NanoTiO2Tect
(ナノティオテクト)
光触媒サービス

「with コロナ」時代の抗菌・抗ウィルス対策として、NanoTiO2Tect(ナノティオテクト)光触媒サービスの提供を開始しました。

  • ・世界最小粒子が実現する次世代光触媒。
  • ・屋内外問わずどんな場所でも施工可能。
  • ・一度の施工で強力な抗菌・防汚・消臭作用が長期間持続。
  • ・お部屋やお店、施工場所そのものが抗菌環境に。

太陽光や蛍光灯・LEDなどの光を吸収し、
強い抗菌・防汚・消臭を発揮します。

ホルムアルデヒド、ベンゼントルエン、メタンなどのVOC(揮発性有機化合物)は、
酸化チタン粒子表面で酸化分解され、無害なCO2とH2Oとなります。

光エネルギーが酸化チタン超微粒子の中で変換され、スーパーオキサイド (0) を生成し、水中ではH20からヒドロキシラジカル(OH-)生成します。

※施工前後での菌の個数比較

A型インフルエンザウィルス
ネコカリシウィルス
(ノロウィルスの代替)
アンモニアガス

お部屋や施設そのものが抗菌環境に。

毎日・毎度の除菌・消毒
その手間・ストレスから解放される!

  • ・バインダーが強くないと酸化チタンがすぐに剥がれ落ちる
  • ・バインダーに埋もれて表面に酸化チタンが突出していないと効果を発揮できない
  • ガラス、タイル、金属などに強力に密着するバインダーがない
  • 施工面の材質によりバインダーを変えなければならない
  • 養生が必要で、時間と費用がかかる
  • ・室内は紫外線が弱い為、ほとんどVOCなどの化学物質分解では効果がない
  • ・北部屋、押入、靴箱、家具内、台所、トイレ等光が弱い所や光が当たらない所では効果がない
  • ・酸化チタンに添加物を混ぜなければならないが、防かび剤など有機物は分解されるため効果が弱くなる
  • ・添加物の作用により施工面が黄ばんだりする

従来の光触媒は粒子径が大きいため…

  • 1.自力で施工面に結合できないためバインダー(のり)が必要
  • 2.のりに埋もれた酸化チタン粒子は効果を発揮できない!
  • 3.粒子の表面積が小さいので強い光が必要

新しい光触媒は粒子径が小さいため…

  • 1.自力(分子間力)で施工面に結合できるので「のり」が不要
  • 2.施工したすべての粒子が効果発揮
  • 3.粒子の表面積が大きいのでわずかな光で効果を発揮!

施工後には、ブランド公式の光触媒施工済みのステッカーを設置します。
お客様に抗菌・抗ウィルス対策済みという「見た目で分かる安心感」を提供できます。
店舗や企業のイメージに合せて複数のカラーからお選びいただけます。

お問い合わせ

施工をご希望される方、事業に興味・関心をお持ちの方は、以下よりお気軽にお問合せ下さい。